SILの広島で学んだこと!めっちゃシンプルだよ!


SILのとくとくです。


4月22日の日曜日

以前から告知しておりました

SIL(シル)の活動のため広島へ行って参りました。


今回の目的は

"愛たい人に逢う"

これが我々のテーマでした。


(愛たいヒトたちドーーーーーん)



結果

とっても賑やかで愉しい界となりました。


今回は摩氣先生と

広島を共有できる時間が

めちゃくちゃ短かったため

私ひとり前乗りして

広島ぶらり旅いたしました。


私ねぇ、

原爆記念公園

めっちゃスキなりました。


動画でも言いましたが

すんごいパワーをいただきましたよ。




その動画がこれだ!




ひとり旅のあとは、

摩氣先生と広島駅で合流し、

みんなと会う1時間前にサクっと

打ち合わせをした。


実は最近

お互いのスケジュールが忙しかったため、

あまりコミニケーションをとっていなかったが、

会うとすぐにバチコーンと波動が合う。


その瞬間のことを後日談として

摩氣先生からこう突っ込まれた。

「あなた、嬉しそうだったね!

私、あなたのオカンか!」

そんな目で見てるつもりはなかったのだが、

おそらく安堵感がそうさせたのだろう。

たしかに摩氣先生は私から見て、

SIL(シル)の相方、

オカンな時、

妹みたいな時、

色んな顔をもっているヒトなのだ。

無意識ほど本音が出るとは

まさにこのことだろうね。


その打ち合わせが終わり、

広島駅で今回のご参加メンバーと合流!

その時直感で思ったのは

「今日めっちゃオモロなるぞ!」

とピーんときました。


軽く挨拶した後

私たちはランチをするお店へ移動した。

普段なら日曜日にカープの試合があったら

駅周辺の店はすべて満員だったとのこと

幸いにもカープの試合がなかったのが救いだった。


私の中で考えていたプランは

食事をする前に簡単な自己紹介をして

その後に何かテーマみたいなものを

皆さんで語り合おうと思っていた矢先、

映画パルプフィクションばりの

ストーリーバラバラにした何番目かのシーンを

突然ぶちこむリュミエール摩氣がいた。

「それやったら東京行き!」

言われたヒトも頭のうえに

?が出ていましたよ、ハッキリと。


摩氣先生の中には順序がないのだ。

シーン1からシーン10まであっても順番関係なく、

”今はシーン5いくよ!”

みたいなそんな感覚なのだ。

タランティーノ=摩氣先生なのだ。


そんな空間に徐々に馴染んできたとき

私の中の常識みたいなものが

「それは早いやろー」

「まだその話はダメでしょうー」

と思いながらも

リュミエール摩氣のペースで

進行していく様をただ食らいついていく自分がいた。

そんなど直球に、聞きたいことをダイレクトに聞く摩氣先生は、

改めて思いましたね!


自分生きてる〜〜!


そしてガッツリとボリューム満点肉をいただき

そのあとは色んなお話しをしました。

お仕事のことについて

それぞれ恋愛事情、

さらにさらにディープなお話しなどなど

普段からココロを扱う我々からするとそういうテーマは

”そのヒト自身の中にあるものがどんなふうになっていきたいのか”

ここが1番大事なところなので

そこについてはガチでどんどん入り込んでいくのだ




そうそう

今回ご参加いただいた方で

Facebookのお友達の森川てりんさんのことを

少しお話します。


てりんさんのブログはこちら!


彼女もアメブロをされていまして、

フェルトでワンちゃんや

最近ではアキラ100%

必殺シリーズなどもてがけらてれてる

天才フェルト作家さんなのだ。


(てりんさんも私も木でできてます)



彼女のモットーに

逢いたいヒトがいたら逢う!

というのがあって

これは我々も激しく同感するところなのです。


この人と会ったら楽しそう!

この人は自分にないものをもっている!

この人から何か学べそう!

何かわからんけどこの人と会ってみたい!


ここまでは普通皆さんのココロにあると思いますが、

次の行動するステップとなると、

とたんに腰が重く動かなくなるヒトが多いのだ。

この能動的な活動こそが実はすごく大事なことなのだ。


マラソンのスタート地点にいるがずっと出発せず

ただそこで止まって足ふみしているのだ。

1人で行動できる事は気持ちひとつでなんとでもなるのだが、

いつも腰の重い人は、人と会うということになると

自然とリスクが高いと感じてしまい

結果何も始まらず空想だけで終わっているのだ。

それでいて出会いがないとか

だれも相手にしてくれないとか

ご縁がないとか

他動的になっているのだ。


出会いがないぞーーーー!

家にずっといてるのに

出会いないぞーーーーー!

この矛盾に

意外と気づいてないヒトいるよ

(お、いつもの

尻上りに熱くなる私がいる)


生き生きしてる方や

何かを成し遂げて成功されている方

”このヒト素敵やなぁ!”と感じさせる方で、

私が知る限りステキなヒトは

”出会いないわぁ!”

”縁がないわぁ!”

なんて言うてるヒトみたことないです。


ステキなヒトはみんな

能動的な思考であり活動的な行動力を身につけているということ。

そこの動機はいたってシンプル

自分の気持ちに正直に生きている

ということなのだ。


私が言いたかったのは

そこなのだ。


ちなみに我々SILのことを

めっちゃ人間くさいヒト

と表現してくれました。


これはキャッチコピーに使いたいほどの

褒め言葉です。


今回SIL(シル)広島の旅で感じた事はただ1つ

自分を生きるという事は

自分の気持ちに素直に

生きていくと言うこと


それを今回ご参加していただいた方々を通して

学ばせていただきました。


SIL(シル)の旅はまだまだ続くよ!

みんなでドンっドン

つながっていこうぜ!



0コメント

  • 1000 / 1000